検索:
ノーレート 麻雀 東京k8 カジノ自社の利益追求だけでは駄目、日本の優先課題に連携せよ 日本マイクロソフト・樋口社長仮想通貨カジノパチンコパチンコ アニメ 一覧

ノーレート 麻雀 東京k8 カジノ自社の利益追求だけでは駄目、日本の優先課題に連携せよ 日本マイクロソフト・樋口社長仮想通貨カジノパチンコパチンコ アニメ 一覧

ノーレート 麻雀 東京k8 カジノ自社の利益追求だけでは駄目、日本の優先課題に連携せよ 日本マイクロソフト・樋口社長仮想通貨カジノパチンコパチンコ アニメ 一覧

nikon panasonick8 カジノ

パチスロ モグモグ 風 林 火山 2 全国 制覇 フリーズ 今年4月に社長在任期間がちょうど5年となる、日本マイクロソフトの樋口泰行社長。これまでの間に、日本法人の社名変更やオフィス移転、さらには組織のテコ入れなど、さまざまな改革に着手してきた。そこで培われた他社に負けない強さとは――。

 社長としてのこれまでの取り組みと、今後の展望などについて聞いた。


“攻めの経営”に期待

――2012年を振り返り、どのような感想をお持ちでしょうか。

 日本全体のトーンを見ると、昨年に限らずここ3年間は、民主党の政策で停滞したという感想を持っています。国内の購買意欲が冷え込み、景気がいつまで経っても回復しないという状態が続いていました。経済面だけでなく、外交面でも中国との関係悪化によるチャイナリスクが高まるなど、不安定な状況にありました。

日本マイクロソフトの樋口泰行社長日本マイクロソフトの樋口泰行社長

 その中で日本マイクロソフトの2012年を振り返ると、特にエンタープライズ向け製品が好調でした。コスト効率の良いオープンなITシステムに対する企業ニーズの高まりを受け、WindowsをプラットフォームにしてサーバもデータベースもMicrosoft製品を導入するという動きが見られたり、従来からマイクロソフトが得意とする情報系インフラ製品に「Lync」のような新たなコミュニケーション基盤が加わって、新しい働き方やワークスタイルを醸成したりしました。

 また、PaaS(サービスとしてのプラットフォーム)、IaaS(サービスとしてのインフラストラクチャ)といったクラウドサービスのほか、Windows 8の登場でデバイスやタブレット関連の引き合いが強いです。経済全体が非常に低迷する中、マイクロソフトにとっては恵まれたシーズンでした。

 年始に行われた経済界の賀詞交歓会では安倍晋三首相が「スピーディーに物事を決めて実行していく」と話されるなど、今後はこれまでよりもムードが良くなるなと感じています。

――政権交代によってどのようなことを期待しますか。

 今までのように、コストダウンばかりの縮み志向では、企業のIT予算は削られる一方です。景気回復によって、企業が“攻めの経営”の姿勢になり、IT投資が増えていくことを期待します。

 まだ新政権は動き始めたばかりですが、既に円安が進むなど、経済状況が改善されてきています。この1月~3月期だけを見ても、株高、円安によって、企業の投資意欲や購買意欲が高まってくるだろうと考えています。ここで新政権がいかに新しい政策を決め、実行していくかによって、その後の状況も変わるでしょうが、少なくとも今までの状況よりは明るいと思います。

日本を元気に!

――そうした中で、今年の日本マイクロソフトの事業目標は?

 これまでのビジネスのやり方に加えて、クラウド、デバイス、ソリューションという3本柱をもっと強化していきます。

 ソリューションに関しては、Windowsをプラットフォームにして、CRM(顧客情報管理)やERP(統合業務パッケージ)といったアプリケーションの導入、エンタープライズサービスのようなシステム構築などを推進します。単にPCのソフトウェアを提供するだけではなく、基幹システムのソリューション分野も伸ばしていきます。

 クラウドについては、昨今、BCP(事業継続計画)や経営アセットの切り出しなど、さまざまな場面で企業に浸透しています。とりわけ東日本大震災以降、BCP対策としての導入が顕著に表れています。Windows Serverのライセンスの売れ先を見ても、企業内での利用からデータセンターでの利用にシフトしています。

 ただし、これから日本企業が競争力をつけていくためには、BCPだけではなく、いろいろな分野でクラウドを活用してイノベーションを起こし、創意工夫をしていかなければなりません。例えば、クラウドは、短期でビジネスを立ち上げるときや、急激なトラフィック需要によってシステムに大きな負荷がかかるときなどに有効です。クラウドの利点が生かせる分野が今後ますます広がっていくと見ています。

――年頭所感や記者会見などでも「日本を元気に」というフレーズを幾度と口にされています。具体的にどのような思いが込められているのでしょうか。

 日本を元気にすることは、日本全体のアジェンダであり、優先順位も高いです。特に被災地の復興なくして、日本の復興はありません。そうした状況の中、自分たちの会社の利益だけのために行動するという思考は、もはや世の中に受け入れられないでしょう。われわれが日本でビジネス活動をさせていただくためには、その時々における日本の優先課題としっかり連携していかなければなりません。

 震災後は、被災地でのさまざまな社会貢献や支援活動を行うとともに、その先にある日本の競争力の復権が大きなアジェンダになっています。経済成長や新産業の育成が重要であり、そこでITが役に立つことは多いのです。われわれ日本マイクロソフトは、単にモノを買っていただくだけではなく、顧客の企業競争力を高め、それが日本の国力向上につながる取り組みをしていくべきなのです。

顧客から逃げない仮想通貨カジノパチンコテレビ ドラマ 見逃し 配信

まるみつ 稲佐k8 カジノ費用面で一度は見送った約20台のサーバ仮想化。オンプレミスよりローコストなプライベートクラウドで実現!仮想通貨カジノパチンコ仮想 通貨 連動 なぜ

まるみつ 稲佐k8 カジノ費用面で一度は見送った約20台のサーバ仮想化。オンプレミスよりローコストなプライベートクラウドで実現!仮想通貨カジノパチンコ仮想 通貨 連動 なぜ

まるみつ 稲佐k8 カジノ費用面で一度は見送った約20台のサーバ仮想化。オンプレミスよりローコストなプライベートクラウドで実現!仮想通貨カジノパチンコ仮想 通貨 連動 なぜ

プロ ポーカー プレイヤー 横澤k8 カジノ

777town スロット プリント業務の最適化を包括的に提案するBPOサービスを始め、様々な事業を展開する株式会社エヌ・ユー・エス。事業の拡大に伴い業務効率化を目的に次々と新しいシステム導入を行ってきた。その結果、サーバは約20台にも増え、管理・運用負荷の増大によるITコストが問題となっていた。

 その問題を解消すべく、同社ではビットアイルをパートナーに選び仮想化と冗長化を同時に行えるプライベートクラウドサービス「サーバオンデマンドNEXT」を導入した。

 冗長化を行ったのは以前サーバの障害でシステムが落ち、業務が半日ストップした苦い経験があったからである。3カ月という短い期間での導入ではあったが、トラブルもなく無事に移行が完了し、サーバ管理・運用負荷の軽減を実現している。

 なぜ同社はビットアイルの「サーバオンデマンドNEXT」を導入したのか。本ホワイトペーパーでは仮想化においてリスクを回避する方法、そして選定の舞台裏を紹介。サーバ仮想化、プライベートクラウドを検討する際には一読の価値ある内容となっている。

※将来、当ホワイトペーパー提供者の事情により公開を停止する場合があります。

ホワイトペーパーのダウンロードページに進む

TechTargetジャパンサービス利用登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、2000点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読めるe-bookなど、各種サービスを無料で利用できます。TechTargetジャパンサービス利用登録

仮想通貨カジノパチンコドクター x スペシャル ドラマ

パラッツォ 鶴ヶ峰k8 カジノセキュリティに詳しくなる無償のオンライン講座、2015年からスタート仮想通貨カジノパチンコスロット ピーワールド

パラッツォ 鶴ヶ峰k8 カジノセキュリティに詳しくなる無償のオンライン講座、2015年からスタート仮想通貨カジノパチンコスロット ピーワールド

パラッツォ 鶴ヶ峰k8 カジノセキュリティに詳しくなる無償のオンライン講座、2015年からスタート仮想通貨カジノパチンコスロット ピーワールド

ビット コイン 投機k8 カジノ

15日 スロット サイバー攻撃や情報漏えいなどセキュリティ事件が日常化している昨今、情報セキュリティに携わる人材が8万人も不足しているといわれる。情報セキュリティ大学院大学とNTTグループが11月7日、セキュリティ人材の育成を目的とした無償のオンライン講座「情報セキュリティ『超』入門」を2015年5月に始めると発表した。

 新講座は、NTTドコモとNTTナレッジ・スクウェアが運営する大規模公開オンライン講座サービス「gacco」で提供される。NTTセキュアプラットフォーム研究所が制作に協力しており、暗号技術やシステム、ネットワークのセキュリティ技術、情報セキュリティを取り巻く法制度までを幅広く学べる入門講座という位置付けだ。実際のサイバーセキュリティ事件を題材に、そこで使われる技術的な仕組みや対処策についてデモンストレーションを交えながら具体的に解説するという。

 期間は4週間で、講師は情報セキュリティ大学院大学の後藤厚宏氏、土井洋氏、佐藤直氏、大久保隆夫氏、湯淺墾道氏が務める。受講には無料の会員登録が必要となる。

関連キーワード情報セキュリティ | 人材育成 | 大学院仮想通貨カジノパチンコパチンコ 店 社員

業界連盟:k8 カジノ ステーク カジノ k8 カジノ k8 カジノ 日本スロット |Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap